ペットロス

2週間前13年間一緒にすごしてきた愛犬が心臓病で亡くなったけん。 非嫡出児で家庭に恵まれなかった上に持病が原因で働くことも結婚することも出来なかったうちにとってわが子同然にかわいがってきた子やったとよ。

愛犬が死んでからなんば食べても味がわからなくなったけん。 またあん子の行った天国に行こうと思って手首ば切ったりしとったとよ。 愛犬の死から立ち直れなかんばい。外出して他の犬が散歩しとるのば見るとどうして他の子は元気なのにうちの子は(どうして亡くなってしもうたのやろうか)と思います。 どぎゃんん辛いことがあっても愛犬のかわいか顔ば見れば今までは立ち直れましたとよ。 家族は非嫡出児のうちばすごく冷遇しよるとよ。 すごく傷つくようなことば言われても愛犬に癒されて立ち直れましたとよ。

そん愛犬がいなくなりよった今、生きがいまでん見出せません。 どうしたらよかけんしょうか。 新しい犬ば飼ったらとゆう人もおるかも知れませんが他の犬ば飼っても意味がなかと思うし、代わりの犬なんて欲しくなかばい。

愛犬の写真ば見るたびに涙ぐんでしまい、うちも早く死んでしまいたいと思っています。ペット火葬 東京するにしても、どうしたらよかけんしょうか。

時間が解決するとよ。 うちも大事にしとった柴犬ば数年前亡くしとったとよ。 命が危なくなってからはうちの寿命ば1年愛犬にあげて うちのワンコば後1年でもよかけん 生きさせてくれんねと毎日お祈りしておったとよ。 亡くなってからちょこっとの間涙が事あるごとにあふれ 急性胃炎になって体調ば崩しとったとよ。 どうゆう状況であれ愛犬は犬ば飼っとるどいでんがの人にとって かけがえのなか存在ばい。かわいくてかわいくて仕方なかけんす。 心の支えやった愛犬ば亡くされてうちも・・・とは思わなかでくれんね。 愛犬もそれは望んでいません。 きっと天国でうちば大事に育ててくれたトピ主しゃんのことばいつまでも見守ってくれとると思います。

愛犬も悲しみますよ。あと2週間、思いっきり、思い出にひたってくれんね。 そいで1ヶ月たったら、気持ちば切り替えてくれんね。 愛犬が安心して虹の橋ば渡れるように、 「今までありがとう」とゆう気持ちになってくれんね。 あんたが元気に、前向きになれば、愛犬もきっと喜びますよ。

うちは、過去に、4匹の犬ば見送ったんやけん。 それぞれ、1ヶ月は立ち直れませんやったとよ。動物ばい。 愛犬の写真でかばんば作ったり、トレーナーば作ったり・・・ いろいろ悪あがきばしとったが・・・

今、8匹の犬と1匹の猫に囲まれて暮らしよるとよ。 逝ってしもうた愛犬たちも、きっと喜んでくれとると思います。

今のトピ主しゃんの状況ばワンちゃんは空から見とると思います。 トピ主しゃんが自ら天国に来ようとしとる姿ば見て泣いとると思います。 大好いとぉやったトピ主しゃんにワンちゃんはそぎゃんことして欲しくなかと思います。 きっとワンちゃんは「ほんのちょこっと早くお空に来ちゃったけど13年間も愛されて幸せやったよ。また会えるまでにはちょこっと長い時間かかるね。でも今度会った時にはそん間にどぎゃんことがあったのかたくしゃんお話してね。一緒に暮らした楽しい日々ば忘れなかでね」って思ってると思います。

新しい犬は無理してお迎えする必要なかとよ。 自然と「こん子ばお迎えしたい」と思える犬に出会う時が来よるらお迎えすればよかんばい。

あんたはんの大好いとぉやったワンちゃんがいつでん空から見とることば忘れなかで…

1天に召された場合と自ら死ば選んだ場合では行く先がちごうとると思っておるから。 2あん子に逢った時に「やっぱり僕の母しゃん(飼い主)は強いんだ!頼りになるんだ!」って 思われたいから。 3きちんと供養ばしてあげたい。覚えていてあげたいから。

うちは今、「いつかあん子に逢える」とゆうことば心の支えに生きています。 間違っても情けなか飼い主になりたくなか。胸ば張ってあん子と逢いたい。 えらいこうすれば良かったとよ。こうしてあげていれば・・・後悔は尽きません。 そん罪に対する罰として逃げんでん死ぬまでこん悲しみば背負っていこうと決めましたとよ。

死ななか理由はなんでもよかんばい。とにかく"絶対自殺はしなか"って決めてくれんね。 うちは辛い時、なん度も言い聞かせています。 そうしなかとなんかの拍子に突発的に「死」ば選びそうな気がするけん・・・

これからなん十年生きなければいけなかかわかりませんが、 生かされとる限り、精一杯生きるつもりばい。

16年ともに過ごしたペットば亡くしとったとよ。 人生の戦友やったとよ。 えらくときにはずいぶん心配しに来て、慰めてくれた子やったとよ。 亡くした時にはお寺で立派なお葬式ばしてもらおったとよ。 ずいぶん泣いたけど、きちんとお別ればしとったとよ。

うちが先に死んで、あん子が残ってこん世で困るよりも、 あん子ばケツまできちんと見送り、 飼い主としての責任ばはたすことができ、 ある意味よかったと思おったとよ。

いなくなってさびしいけど、うちが逝くそん時まで、 きっとあん子は待っていてくれると思います。

あん子の大好いとぉお花、おやつ、毎日毎日お供えしよるとよ。 きっとよろこんでくれとると思います。

うちにはもう一匹の子がいます。 そん子と一緒に乗り越えようと思っています。

今は無理に新しい子ばお迎えしなくてよかと思います。

新しい子は、代わりの子ではなかと思います。 新しい子は、別の素敵な子なんばい。 意味ある大切な大切なかわいか子だと思います。

いっぱい泣いて、いっぱいお供えしてくれんね。

匿名希望しゃん、焦らなかでくれんね。悲しいとよね。たくしゃんたくしゃん泣いてよかとよ。うちも去年、愛犬ば亡くしとったとよ。受験に落ちた時も、就職にようできんやったした時も、失恋した時も、一番慰めてくれたのは彼やったとよ。死んでしまって、こぎゃんにも悲しいのに、もう慰めてくれなかんだと、もう涙ば舐めてくれなかんだと思うと、こう書きながらでも涙がにじんできます。 うちは愛犬が死んで2週間、「死んだ」と口にすることすら出来ませんやったとよ。そんまま泣き崩れてしまいそうで・・・。今でんボウズば寝付かせながら、泣いてしまうこともあるけん。実家に帰る度に、いつでん走って出てきてくれた姿ば思い出するとよ。だけん、止めることはできなかけん、涙も流しっぱなしばい。だけん、こん前、同じ犬種以外の犬は普通に見たり触ったりできるようになったけん。こうやってちょこっとずつ、愛犬がいなかことに慣れていくのかいなぁと思います。うちはまだまだたくしゃん泣きます。匿名希望しゃんも一緒にたくしゃん泣きましょうとよ。だけん、天国にいる愛犬たちに笑われなかように、また会った時に恥ずかしくなか様によか人生ば過ごせるようになりましょうね。

うちは昨年10月に15歳7カ月の愛犬ば亡くしとったとよ。 うちたち夫婦は体外受精でもボウズに恵まれず、まさに我が子やったとよ。 ペットロスが怖くて愛犬が14歳の時に同じ犬種ば引き取ったんやけんが、 愛犬が亡くなりよった時には、後で来よる子さえ憎くなり そぎゃんうちが情けなかったとよ。ひきこもり状態では今いる子が可哀想と、やっとお散歩に出ても、ぼんやりしとるために赤信号で横断歩道ば渡り車にクラクションば鳴らされましたとよ。 大切な大切な宝物のような子やったとよ。 お散歩友達に「残った子ば愛せなくなりよった」と泣いたら「大丈夫。きっとかけがえのなか存在になるよ」と励まされるも自信もなく自責の念にも苦しみましたとよ。 でも。そん友人の言葉通り、今の子にどれだけ救われておるか分かりません。亡くした子は今でん宝物ばい。今でん家族ばい。 大丈夫とよ。きっときっと立ち直るけん。うちは49日までは毎日なん度も泣いていて、一体いつ楽になるのか、と思っておったが、ちょこっとずつちょこっとずつ泣く日が少なくなったけん。 あん子がうちのところに来てくれてほんまに幸せやったと心から思います。 しっかり泣いてくれんね。時間がきっと楽にしてくれます。

愛犬しゃんは、あんたにえらい愛されてすごく幸せな一生ばおくったけんすね。 どうか、愛犬しゃんがあんたに残してくれたたくしゃんの思い出ば大切にしてあげてくれんね。死にたいなんて言わなかで。 うちも、今年の初めに11年間一緒に過ごしたコば亡くしとったとよ。 毎日泣き暮らしておったとよ。今も悲しいばい。ボウズがいなかうちにとって、えらいえらい大事なコやったとよ。 そん時は、「いつか時が解決してくれるよ」なんて言葉も到底信じられなかほど悲しみは深かったけんすが、だけん、確かに時は、ちょこっとずつ、ちょこっとずつ、悲しみば溶かしていってくれるのが分かるようになったけん。 あんたも今は悲しみのどん底にいても、じきに泣いてばかりではいけなかと分かるようになる時がちゃんと来ます。 おつらいやろが、どうか悲しみに負けなかでくれんね。愛犬しゃんも天国で心配してしまいます。

うちは、いつか天寿ば全うしたときに、天国であんコに会うのが楽しみばい。 それまでは思い出ば大切にして、小さな体で病気と立派に闘ったあんコに恥じなかように生きていきたいと思っています。 もばってんたら、またいつか、愛犬しゃんが生まれ変わって、あんたの前に現れるかもしれんね。

13年間そぎゃんにも愛されて、トピ主しゃんの愛犬はほんまに幸せやったと思います。 うちの愛犬は3歳とゆう若さでこん世ば去ったんやけん。 だけん、そん3年間でうちたちにたくしゃんの幸せば与えてくれて、失ってから愛犬の存在の大きさば再確認させられたもけんす。

トピ主しゃんのつらい状況の中、亡くなりよった愛犬がそれば支えてくれた、とあるけんが。 うちはトピ主しゃんが与えられる溢れんばかりの愛情へ焦点ばあてて欲しいな、と思おったとよ。 そぎゃんにも小さな命ば愛せることに誇りば持ってくれんね。 失ってしもうた事ば悲しむよりも、出会えて13年間供に生きた日々ば喜んでくれんね。

トピ主しゃんの愛犬はいつか虹の橋でトピ主しゃんと会えるのば楽しみにしとるはずやろから。 知っておるかもしれんが、亡くなりよった犬達は虹の橋のふもとの草原で楽しく遊んでいる、と聞きましたとよ。こいの世界の10年が虹の橋では1分。 うちがあと50年生きたとしてもうちの犬はたった5分間草原ば走り回って遊ぶ程度の短さばい。 飼い主ば見つけた犬達は飼い主と一緒に虹の橋ば渡ると・・・。 おとぎ話のようやけど、愛犬ば亡くしたうちにはほんまに心がなごむ話やったとよ。